忍者ブログ

[PR]

2017年10月17日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「休談_4話_謎解きゲームの日々(々→× 記→○)」

2009年07月11日
関連:「Treasure hunter LANDY



Treasure hunter LANDY(以後、Thl)のレビューは読み返すと酷いです。
ロスト ロマンサー」の時もそう。電波カットを少しでも怠ると…。
何なので、内容を簡単に纏めてみます。
〔頭の悪い私でも解けたぜ!〕……以上。

abc男さんの作品がどれも凄いことは天も知る事実です。
ただ、脳の無い私には難し過ぎて攻略サイト無しではエンディングまでに、泣いてしまいます。

それでも楽しめるのは確かです。
某掲示板の攻略スレで苦しみながら解いた人も最後には笑顔だと思います。

自力でクリアできる人と、
他人の助けを借りないとクリアできない人。

二人のクリアした時の「やったー」という達成感に差はあると思いますか?
私は経験的に考えて無いと判断します(知能的には下記のように 数行下↓参照)。
例えあったとしても、それはクリアできるできないとはまた別の個人差の話です――感受性、嗜好性、捻くれている、根暗、ひきこもり、リア充などなど。
だから上記の二人の場合、その差を認める意味はないですよね。
だけども、そこに差を感じてしまうのが私のようなバカという人種のサガ。
(自力でクリアしなければ謎解きゲーの真の楽しさは解らない)とかなんとか勝手にmy真理を作って自分を追込むのが大好きな生物なんです。
確かに考えもせずにすぐに攻略へ逃げるのはどうかと思いますが、謎解きゲーの楽しさはもうちょっと広い世界――解ける解けないだけでは語りつくせない物なんじゃないかなと思います。
攻略サイト中毒ゲーマー万歳!!

そんな私でも始めて自力でクリアできたabc男さんのゲームがThlです。
調子にのって他の作品も再チャレンジしてみましたが、見事に玉砕されました。記憶力が無い人間って損っす。
悔しさのあまり、
「直感で感じる難しさはどちらも同じなのに、なんで解けるゲームと解けないゲームがあるんだろう?」
と考えて書いたのが例のレビューです。
如何でしょうか?

反省はちゃんとしてますよ、一応…。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: