忍者ブログ

[PR]

2017年10月17日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「OCCULT PUNK!」

2009年09月17日
ジャンル:SF+オカルト
DL:vector
制作者:雨夜
補完:作者様HPに解説ファイル在り




 紹介
ネオンが泳ぐ東京夜景。睥睨するは摩天楼。
高層建築の最上階で、上等なスーツに身を包んだふたりの男が言葉を交わしている。

「ときに社長、天使をご存知でしょうか」
「処女懐妊で生まれる両性具有の赤子、だったな。それがどうした?」
「なんでも、大変に美味なのだとか」

――魔術と電脳が彩る夜景。
眠らない街を行き過ぎて、天使を食しに赴く男がふたり。その後を追う男がひとり。


>以上紹介文より転載


 レビュー

オカルトパンク!

という事で、
未来的な雰囲気に魔術やら神話的な物やら、色々と混ぜこんだトリッキーな作品です。
そんな内容と併せてシンプルな演出、これが光り、非常にスタイリッシュな物語に仕上がっています。


内容としては、
マンガに近いぐらいのスピーディーな描き方で進むサウンドノベル。
普通の、特に市販のサウンドノベルと見比べるとゴッソリ文章が削られているような印象を受けると思います。情景や登場人物の説明による物語の肉付けよりも、テンポをとった作品なんでしょうか。ちょうど連載漫画の第一話と近い様子ですね。
短編、そしてテンポ重視という事で多くは語られません。
肩に力を入れすぎず、気楽にプレイした方がいい作品だと思います。


演出としては二点。
けして目を見張るような凝った演出というものは含まれていません。
それでもプレイ開始三秒でちょっとワクワクしてしまいました。効果音とBGMと細かな演出の合わせ技で、随分と見え方も違ってくるものなんですね。

そして、用語解説。
」のTIPシステムみたいに、固有名詞に色違いのものがありましてクリックすると用語解説が読めるようになっています。短編ながらその数も豊富。私はこういうゴテゴテ独自設定をもりこんだ作品が好きなので、かなり楽しめました。THE 創作物という感じがして、良いと思います。
ただ、「本文中で用語解説することによるスピード感の喪失を解消する」為に作られたシステムが逆にテンポを悪くしているような……。
こういうシステムは短編には合わない気がします。特に文量が少ないテンポ重視の作品には。解説される語句と語句の間が狭く、いちいち解説ばかり読まされている感じでした。


と、少々喉に突っ掛かるものがある作品ではありますが、全体としてはよく纏まった短編作品です。
SFの雰囲気とオカルトの雰囲気が混ざり合って、また独特な色合いをだしています。
どちらかが苦手な方にも是非是非オススメしたい作品です。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: