忍者ブログ

[PR]

2018年07月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ラスティ混沌旅社から」

2009年09月14日
ジャンル:3Dアドベンチャー
DL:作者様HP
制作者:kahara
攻略:一番下に記載




 紹介
ある旅行会社の招待で南の島へ……
の、筈なのに何故か今貴方は荒れ果てた山奥で迷子になっている。

別世界ひとりぼっち観光旅行(?)アドベンチャー。



 レビュー

MYSTちっくなアドベンチャーゲーム。
探索してよし、眺めてよし、迷ってよし。
美しい風景と小物がひかる作品です。


いやー、かなり凝った作品なのではないでしょうか。
当たり前ですけど、行く所見る所みんな3DCGが用意されていまして見てるだけで面白いです。3DCGは脱出ゲームなんかでよく見かけますけど、今作の場合、別世界の風景を写した物が多いので楽しさが違いますね。特に市場の中で、食べ物を見ているときが一番楽しい! 調理音なんかも加わり実に美味しそうでした。(ガツガツ食べ歩くイベントが欲しかったかな……)。
CGの他にも、先ほど書きましたが効果音やBGMの使い方が上手くて良かったと思います。ストーリー上なぜか主人公は始終一人ぼっちなんですが、それでも人ごみの声(?)や場所にあった環境音が流れていて臨場感は保たれていました。気分は一人ぼっち観光旅行。
旅行は好きだけど人ごみが苦手な人にオススメなのかもしれません。私もそんな一人です。


さてさて、
今作は作者様の前作「gajua--ガジュア--」と少し繋がりがある作品です。舞台が同じであり、時系列でいうと過去にあたる話でしょうか。
前作をやっていないと、プレイ中色々と混乱する事があるかもしれません。唐突に出てくる人名や地名など固有名詞が辛いところ。

ただ……、前作も前作でプレイヤーを混乱させる要素がないとはいえません。作者様の作風っぽくて、内容にほんのり霞がかかっているのがデフォなんです(それがまた魅力的)。
二作を見比べると、今作の方がMYST的という点ちょっとキャッチー。その分私はコチラからプレイした方がいいかなと思います。
今作が楽しめたら、是非も前作もプレイしてみてください。気持ちがスカッとする女性視点の恋愛ゲーです。


一応攻略っぽい物を書きました。つづきからどうぞ。
勿論ネタバレですので、注意してください。
・左下の方向ナビを忘れないように注意。見た感じ行けそうにないけど実は……という所が時にあります。
・小物に集中しすぎないように注意。「クリックの場所が悪いのかな?」とカチカチやってると人生を消耗します。わりとダミー多し。


↓以後、反転。



・デッキブラシは手に入れたが。
上を見上げると赤い石が、灯台外の岩陰に携帯が落ちてます。

・暗い通路の先で……
元来た階段にハンマー。それで壁の一部を。

・車を見つけてから詰まった。
緑の金網フェンスの所が開いてます。街裏口の反対側です。

・ワープ(?)してきたけど、別に何もなかったよ。
鉱石堀りしましょう。

・折れた!
ワープ先の店で売ってます。買えなかったら、隣の階段に話しかけてください。

・いつまで鉱石彫り?
別にしなくていいです。コーヒー牛乳を手に入れたら、街へ戻ってビン柵の家へ。

・ボートが逃げる。
高枝切りはさみの小屋の穴から……。方向ナビには出ませんが、回り込めます。

・道が二手に分かれてます。
一応セーブは小まめにした方が良いです。ED分岐します。

・ED分岐は?
一つは初めて車を見た場所へ戻る。
一つは鍋(道を左に行った)。
一つは池と街を結ぶ道の途中。方向ナビと相談。
一つはホテルの裏側の道を進み、歯車を調べる(道を右へ行った)



頑張ってください。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: