忍者ブログ

[PR]

2017年12月13日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ラブリーポリス・トリクーガ~遠い約束~」

2009年06月20日
結構前の話ですがアンディー・メンテにて「」が公開されました。
システムといい、サウンドといい、雰囲気といい、かなり遊べるゲームなのですが、何より個人的に感動したのがキャラ図鑑。
私は「AMといえば?」と聞かれれば、
「仲間キャラに添えられた一言、BGMアイテム、断片的なストーリー(のアイテム)」
と答えるタイプなので、コレは本当に本当に感動しました。ウトナからだいぶ時が経ち、もう新たなAM世界関連の作品は見れないかもしれないと勝手に失望していただけに、より嬉しいです。



さて、今回レビューするのは
「ラブリーポリス・トリクーガ~遠い約束~」別称ミサ2です。
DL:vector
製作:AM
攻略:プリティプリンセス
AM解説:AMのおうち(AM年表・キャラ図鑑)/世界観wiki

「ぢ」キャラ一覧にトリクーガいないの?
 トリクーガです
  (主人公)

 紹介
AMゲームを楽しみたいのであれば
自給自足
怪盗プリンス
あおいほし
スターダンス
スミレの花
AIRAM EVA
銀河迷宮宝物
(↑一応取っ付き易い物orフリゲ雑誌に掲載されてそうなの一覧)
どれから初めても楽しめると思うのですが、
少しでもAMの世界観に興味が湧いた時、手にとって頂きたいのがコレです。

他にもAM世界観入門として、
ミサ」「ストーリー・オブ・スペシャリスト」「スターダンス」などが挙げられますが、
ミサはゲームとして取っ付き難く、
他二つはそれ自体のストーリーに付いて行けないとプレイが辛くなりがちです。

逆にミサ2(今作別称)は
・難易度もシステムも判りやすいレベル
・作中、AM世界の重要人物がべらべら重要な事を話していく
・主人公の目的の半分が「世界への探求心」
・↑つまりプレイヤーが少しずつ世界について知っていく事自体がストーリー

などなど、今作はAMには珍しく何かと親切なゲームなのです。


 レビュー
THEアンディー・メンテゲーです。
紹介に力を入れすぎて、今更それ以上を語れません。ごめんなさい。


+追記
やっぱり書きます。

上に難易度が低いと書きましたが、それでもやっぱりAMゲー。アイテムの機能が判らなかったり、ステータスの意味が理解できない何ていうのは当たり前。
ただ幾つかある理不尽に難しいAMゲーと比べれば単純なものです。
それはつまり、「コツコツと時間を掛けていけば必ずクリアできる」程度の単純さですが…。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: