忍者ブログ

[PR]

2017年12月13日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ジンクスホリック・シンドローム 紹介編」

2009年11月03日
ジャンル:中学生女子、三人組。ジンクス、占い、調べたりとかしちゃいます。
DL:ふりーむ
制作者:雨夜

三人の会話は愉快愉快


 紹介
最近、学校で流行っている変なお呪い。

「サンマンさまにお願いしたら何でも叶うよ、叶うよっ」

そんなにすごいお呪いなら流行って当然。
だけどその一方で、「サンマンさまにお願いしてから変なことが起きるの、キモイの」という声も。
ホントかウソか分からないんなら調べてみようか、そうしましょ。

……ってな感じの、比較的ゆる~い感じの小話です。
オカルトが題材だけど、あんまし怖くはありません。


>以上第一話の紹介文より転載


 レビュー

OCCULT PUNK!」の作者様の作品。といっても、雰囲気はだいぶ違いますね。
前作は近未来SFもの。で、今作は中学生の女の子三人が活躍・冒険する学生ものです。


舞台は至って普通の中学校(恐らく)。
中学生といってもまだまだお呪いやジンクスの類に敏感なお年頃。

サヤカ
読書娘で単身文学部。↓二人の保護者役

ユーヒ
強気で頑固。霊感があるっぽいけど心霊否定派

マオ
ムードメーカー兼トラブルメーカーの元気っ子

の三人が仲良くわいわいやりながら身の回りで飛び交うジンクスや噂やお呪いを試したり、解明したり、巻き込まれたり。
ホラーだけどなんだか愉快で、どこか切なく、そしてやっぱり怖い――そんな作品です。

と、ここまでくると「おっ」となる方もいらっしゃる筈。
その「おっ」通り、今作の雰囲気は『トワイライトシンドローム』『夕闇通り探検隊』などとかなり近いです。印象を比較すると『トワイライトシンドローム』から少々トゲを抜いた感じ。
人によってはこの雰囲気だけで十分満足できますかね。
上記のような作品が好きな方には是非ともプレイしてもらいたいっす。


あと、今作は三話構成の続き物です。
形としては一話完結型ですが、サザエさんみたいに別々の脚本家を回している訳ではないので、内容の持ち越しや伏線放置がそれなりの数あります。特に第一話、「終わったのに全然スッキリしない!」「あれで解決したの?」「結局どういう事だったの?」となったのは私だけでは無い筈……。

それでも三話プレイしまして、今は気分スッキリです。
一話単体で考えると心落ち着かない点が多々ありますが、三話で一作と考えるとかなり纏まった作品です。抑える所を抑えています。
なので、是非とも三話全部読み切って頂きたいです。
「あたしたちの冒険は、まだまだ続くっ!」という事で、今後の期待にも繋がると思います。

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: