忍者ブログ

[PR]

2017年10月17日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「鉄綺工場」

2009年10月28日
ジャンル:童話的SLGノベル
DL:vector
制作者:ベンジャミンかよ




 紹介
昔々、まだお母さんとお父さんが産まれてなかった頃、僕の街には工場があり、黒い塀と黒い柵をもっていました。

毎日のように、大きな音を立てて「何か」を作っていました。
不思議なことに、誰に聞いてもその工場が、何を作っているかは分かりません。

畏怖と少しだけの嫌悪をもってその工場は、鉄綺工場と呼ばれていました。

僕が今から話すことは、その工場の、不思議なお話。


■■■■■

(C)ららん中ではお勧めのゲーム。
友情っていいよね!
なんか好き好きって感じの雰囲気に浸りたい人向け。
妖精達は全部で8人。どいつもこいつもキュートで個性的。
システムも変わっているから、きっと楽しめるよ!


>以上紹介文より転載


 レビュー

"星"を作る鉄綺工場、
そこで働く9人の妖精達のふれあいを描いたふわふわした作品です。


9人の妖精は以下の通り↓
リーダーのササン
幼いマー
ひねくれたガブガブ
無口なニィムディム
愉快なンィ
優しいドーゥー
賢いジョダン
狂ったハブキィ

全員が全員良い子というか良き妖精です。
やりとりを見ていると癒され、なんだかホッとします。
モンスターデイズ」と近い作品ですね。

9人のやりとりだけでも結構な容量がありますが、その他にもそれぞれの生い立ち的なものが知れるイベントも用意されおり、それを見る前と見た後でまた見え方も変わってきて面白いです。

何て言うか……
モンスターデイズもそうですけど、こういう絵本的な作品を作れる人って私は素直に尊敬します。
疲れている人・元気をもらいたい人にオススメな作品です。


あと、SLG部分で初めは戸惑う人もいるかもしれませんね。
そんなに難しいシステムではありませんが、説明書を読まないとちょっと取っ付きにくいかもしれません。そして説明書がビックリするぐらい読みにくいのが、この作品……

ですので、簡単な解説をつづきに書きました。
勿論ネタバレなので注意です。

↓以下簡易攻略

・基本的にやる事は感情絵の収集。
・「収集」にて三色の色を選びイベントを起こす事が第一歩。
・色は暗い色だとダメ。あと同じ色が二色あるのもダメ。
・色によってイベントに出てくる妖精が決まる。
・だいたいこんな感じ↓
ササン⇒白
マー⇒緑
ガブガブ⇒赤
ニィムディム⇒青
ンィ⇒黄
ドーゥー⇒桃
ジョダン⇒水
???⇒?


・イベントを起こすと出てきた妖精の好感度が上がる。
・好感度が高いとラストで個別エンド。
・三色同じ色にすると、個人イベント。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: