忍者ブログ

[PR]

2018年07月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ニモノ -NI・MO・NO-」

2009年07月26日
ジャンル:エキサイティング・クライム・トーク
DL:vetor
制作者:沙良竜司

奇作


 紹介
3人の中年主婦が集い、
どこにでもあるマンションで語られる、
行き先不明の物語。

その、意外な結末とは・・・。
10分程度。


>以上紹介文より転載



 レビュー

舞台は日本のとあるマンション。笑いと不条理、ブラックユーモアを煮詰める女達の世界。
ロストロマンサー」等の作者・沙良竜司様の作品です。


ストーリーとしては、
三人の中年主婦達の内で「煮物パーティ」というものが開かれ、それぞれ箸を片手に煮物を突きながら適当にだべりまくる、という話。
"だべる"というのが実にピッタリな雰囲気でして、いかにも団地妻が好みそうなご近所の噂話が積み上げられていきます。

「そういえば、坂上さんトコの旦那さんがさー」

始まりは割と普通なんですが、そこから展開される『行き先不明の物語』が実に面白いです。"予想が付かないストーリー"をコレでもかというぐらいに体現した作品ではないでしょうか。
ゲームに独自性を求める方、ちょっと変わった刺激が欲しい方などにオススメです。



あと、意外とこの作品もプレイする人によって感想が違ってくるようですね。
私はシュールさばかりに眼がいきましたけど、ホラー的に思う方もいるようです。

もしかして、
このゲームをプレイすると(一週間後に坂上さんが家にやってくる)のかも。
それは嫌すぎます……
PR
Comment
No title
お久しぶりです。
レビューありがとうございます。

この作品はもう、単純に笑ってくれれば成功ですかね。
多分、何の意味も無い、取ってつけたようなオチですけど、
「好き勝手言いやがって」みたいにも取れるんでしょうか。
そんな感想も聞きました。

更新、すごい量ですね。
楽しみに読んでいますよ~。
いくつかプレイしたし。
クリエイターが見れば、励みになるはずです。
コメントありがとうございます
おひさしぶりです。

「NIMONO」は、オバサン達が憎たらしく感じるとホラーゲーム化するんでしょうね。
(坂上さんに感情移入する→ラストで「好き勝手言いやがって。死ねー」という心の叫びがどこからか聞こえる→意味ナシEDが殺戮EDに見える)
沙良さんの作品は良い感じにミステリアスなので、私のような空想好きには嬉しいです。
昔「雷雨」の方も、プリントアウトして赤ペン片手に長いこと「あーじゃないこーじゃない」と国語の問題集みたいに楽しませて頂きました。
意外と別のレビューワー様とは違った感想に行き当たって面白かったです。
読解した内容は私の電波が酷いので載せられませんが、いずれレビューできればと考えております。

今回も良作をレビューする機会を与えて頂いて、ありがとうございます。
No title
いやあ、こちらこそ。
坂上さんの顔にびっくりすると、
本編が前フリみたいになってしまうんでしょうか。
そのこと自体がギャグですね。
後から人に言われて気付いたんですけど、
佐藤さんが2万円をとり返しにロシアに行く、その旅費の方が高いって。

「雷雨」をプリントアウトされましたか。
そこまで深く読んで頂けると、本当に嬉しいです。
紙→サウンドノベル→紙になったんですね。

不条理ホラーでもあるんでしょうけど、
精神世界とか、深層心理ですよね。
深読みしても、電波って事は無いと思います。
レビュー、楽しみです。

作品って結局、理解とかよりも、好きか嫌いか、それが全てかな・・・。
私も本当に空想好きですよ。
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: