忍者ブログ

[PR]

2017年09月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「織香神」

2009年07月23日
ジャンル:命を巡る物語(コミカル半分シリアス半分)
DL:作者様HP/vector/ふりーむ!
制作者:のたこ
注意:少々(BL要素・ショタ要素・顔文字表現)

明るくも静かに寂しい



 紹介
山奥の一軒家に迷い込んだ青い少年。
少年を取り巻くのは、黄色い少年と禿げたじいさんと…。
少し変で、少し切ない、命を巡る物語。(多分)


>以上紹介文より転載


 レビュー

山奥で素朴に暮らす七星、彰という二人の少年のお話です。
ああ、あとお爺さんも忘れてはいけない。

七星は実は穀潰し(居候)で、ある日突然迷い込んできたところを彰に捕獲された(拾われた)身です。
身の上がはっきりせず、ちょっと影がある彼(上の画像←)がこの作品の主人公。

三人の暮らす風景はちょっとズレていて、愉快で、微笑ましい感じ。
少しずつ垣間見える不穏な空気にも、めげずに励ましあう姿が良いですね。

けして明るいだけではないシリアスな面もある作品です。
境遇や過去、そんな中で健気に笑みを浮かべながらお互いを思いやる人たちの姿。本当の明るさだと感じました。
どのキャラの笑顔もいいなー。

ついでに難点も少々。
ラストへ向かう流れが強引です。
顔文字会話などもそうですが、ちょっとプレイヤーの温度を下げる部分があるのが惜しい所ですね。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: